ある日突然の卵巣がん宣告。病気発覚からの日々をありのままに綴っていきます
【日記】
  • HOME »
  • 【日記】 »
  • 抗がん剤治療

抗がん剤治療

カンプト(塩酸イリテノカン)療法~1回目

先生から、 『次はカンプトというお薬にしましょう。』 という説明を受けた。 私の今の状態を見て、チームを組んでいる先生方で話し合われた結果なのだから何も異論はない。  

カンプト(塩酸イリノテカン)療法~再発後の抗がん剤治療

この前までの治療に使われていた抗がん剤ドキシル。 私に、効き目が出なかったということで次回からはカンプトという薬を使うことになった。

造影CT検査~ドキシルの成果はどれくらい出てるのか!?

昨日は、病院の日でした。 ポカポカと暖かな陽気で、とっても気持ちがいい。 電車やバスから見える風景もピンクや白や黄色と色鮮やかになってきて 華やいだ気持ちになりました。 ただ行き先が、がんセンターっていうのがね~。。。( …

腫瘍マーカーCA125 ドキシル療法2コース目終了後の数値

先日の3月1日ドキシル療法3コース目の点滴を受けました。 その前に、いつも通り血液検査と先生の診察。 腫瘍マーカーの数値は、血液検査をして2時間ぐらいでわかります。

再発~抗がん剤治療ドキシル投与3回目

再発がわかって、1月から28日周期で投与しているドキシル療法。 先日3月1日に3回目の点滴をしてきました。 体調も良かったので、今回は電車とバスで行ってきました。  

ドキシルの副作用~色素沈着と喉に物がつかえる何とも言えない苦痛な日々

抗がん剤ドキシルの投与2回目を行って、10日を過ぎた頃から体調が芳しくない。 癌という病気になってしまったのだから、絶好調を望むのは無理な話なのだという事はわかっている。 だけど。。。。 やっぱりしんどいな~

ドキシル療法2コース

2016年2月2日。 おととい、2回目のドキシルの投与をしてきました。 手術の記事は、ちょっと置いて今日はドキシル療法2コースのご報告をしますね。  

ついに出たか口内炎!?

昨日は、成人式でしたね。 エネルギー余って暴走してしまう新成人がニュースをにぎわす一方で しっかりした大人の振る舞いで、お世話になった方々に感謝を伝える新成人。 学生時代と違って、年齢のくくりで評価されることのない大人の …

ドキシルの副作用とそのケア

抗がん剤(ドキシル)投与翌日の昨日は、ほぼ普段と変わらない体調でした。 あっ!強いて言えば、お通じがなかったってことぐらいですね。 抗がん剤投与後は、どうしても便秘がちになるということで、 過去の抗がん治療の時も便秘は経 …

ドキシル療法は手足が寒い!

毎回、点滴の針を刺すのに苦労するこの頃。 何度も、抗がん剤やってきてるから血管がもろくなってるそうです。 手を、ぺちぺち叩かれたり温めたりされながらも今日は1度でクリア。 良かったぁ。

1 2 3 »

スポンサーリンク

闘病記録

【2014年7月】 お腹の貼りがあり近くの病院へ行きがんセンターを紹介される。  卵巣に大きな腫瘍が二つと腹水がたまり播種が広がっていると告げられる。 がんセンターで卵巣がんの疑いと診断され数々の検査をする。 
 
【2014年8月】 抗癌剤治療開始。その後月に一度のペースで抗癌剤を6回おこなう。 
 
【2015年2月】 手術。  
 
【2015年4月】 抗癌剤治療再びスタート。月に一度のペースでその後3回行う。  
 
【2015年6月】 CTの結果、経過良好。 経過観察に入る。
 
【2015年10月】 腫瘍マーカーの数値が、再び基準値を超える。再発の疑いがかかり、検査。
 
【2015年12月】 PET検査で卵巣がん再発確定。大腸カメラの痛みにのた打ち回るも大腸の結果は問題なし。
 
【2016年1月】 ドキシルによる抗がん剤治療スタート

ブログランキング参加してます!

PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGETOP
Copyright © 卵巣がんになりました All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.