ある日突然の卵巣がん宣告。病気発覚からの日々をありのままに綴っていきます

【日記】

  • HOME »
  • 【日記】

【手術】 退院後に注意すること

待ちに待った退院の日は朝から落ち着かない。 嬉しすぎて、いつもよりもずいぶん早くに目が覚めた。 あまり、早くからガタガタするわけにもいかないので、ベッドの中で待ちきれない気持ちを抑えた。

【手術】術後7日目 恐怖の抜鉤(ばっこう)

手術後、絵に描いたような予定通りの回復ぶりだった私。 様々なことをクリアし、残すのはお腹にとめてあるホチキスのような針を抜くことのみ。

【手術】術後4日目~6日目  入院中の色々

背中の痛みどめを抜いて、3日くらいは飲み薬に頼っていた。 痛みが出るのが怖いので、痛くなる前に飲んでしまうという根性のなさ(>_<) でもね~飲まないとほんと痛いんですよ。 飲んだからといって、すぐ効くわけで …

抗がん剤後のご褒美~あぶデカ観てきました!

ドキシル療法2コース目を受けた後、今回は自分にご褒美を用意しました。 馬の前に人参ぶら下げて頑張ってもらうってやり方です。 治療に向かうとき、何かしらの楽しみをプラスすることで鼓舞してます!  

ドキシル療法2コース

2016年2月2日。 おととい、2回目のドキシルの投与をしてきました。 手術の記事は、ちょっと置いて今日はドキシル療法2コースのご報告をしますね。  

【手術】術後3日目~背中の痛み止めからの卒業

歩くことにもすっかり慣れて、行動範囲はどんどん広がった。 昨日までは、入院している部屋からせいぜいトイレやお風呂など 同じフロアに限られていたが、術後3日目になると エレベーターを使ってではあるけど、違う階の売店などにも …

【手術】 術後2日目~術後初めての入浴

肺炎、血栓、腸閉塞を防ぐためにできる限り歩くように。 回復のカギは歩くこと!と言われたので、暇を見つけてはせっせと歩いた。 昨日までは、尿の管を付けていたけれど しっかり歩けているので大丈夫!との判断で、尿の管も外しても …

【手術】 手術翌日~えっ!もう歩くの?

うつらうつらとした記憶の中、しっかり目覚めたのは時間ははっきりしないけど 明け方だったと思う。 熱も下がったようで、体の震えもいつの間にか治まっていた。

【手術】 手術当日② 手術後

遠くで名前を呼ばれている。 その声がだんだん大きく聞こえてきた。 目を開けると壁の時計がすぐに目に入った。 17時10分だった。

【手術】 手術当日① 手術室に行くまで

手術前夜はさすがに緊張して眠れないかと思ったけど 全くそんなこともなく爆睡だった。 我ながらたいしたもんだと感心するやら、あきれるやら。。。(笑) 午前中の手術の予定だったのだけど、緊急のオペが入ったという事で その手術 …

« 1 2 3 10 »

スポンサーリンク

闘病記録

【2014年7月】 お腹の貼りがあり近くの病院へ行きがんセンターを紹介される。  卵巣に大きな腫瘍が二つと腹水がたまり播種が広がっていると告げられる。 がんセンターで卵巣がんの疑いと診断され数々の検査をする。 
 
【2014年8月】 抗癌剤治療開始。その後月に一度のペースで抗癌剤を6回おこなう。 
 
【2015年2月】 手術。  
 
【2015年4月】 抗癌剤治療再びスタート。月に一度のペースでその後3回行う。  
 
【2015年6月】 CTの結果、経過良好。 経過観察に入る。
 
【2015年10月】 腫瘍マーカーの数値が、再び基準値を超える。再発の疑いがかかり、検査。
 
【2015年12月】 PET検査で卵巣がん再発確定。大腸カメラの痛みにのた打ち回るも大腸の結果は問題なし。
 
【2016年1月】 ドキシルによる抗がん剤治療スタート

ブログランキング参加してます!

PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGETOP
Copyright © 卵巣がんになりました All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.