手術後、絵に描いたような予定通りの回復ぶりだった私。

様々なことをクリアし、残すのはお腹にとめてあるホチキスのような針を抜くことのみ。

お腹を縫っているのが糸ならば抜糸。

今回のように、針で止めてあるのを外すことは抜鉤(ばっこう)と呼ぶそうです。

私は、手術後何が怖いって、この抜鉤の日がとてつもなく怖かったんです。

どうやって抜くの~。。。って恐怖でいっぱい(>_<)

看護師さんに恐る恐る何度か調査してみたんだけど、

『大丈夫ですよ~。 そんな痛くないですから。』と少し笑いながら答える。

大体、痛くないって言って本当に痛くないことなんてないんだから。

知ってんだぞ!!と疑心暗鬼の私。

不安と恐怖でいっぱいいっぱいの私。

だけど。。。

動揺を押し殺し、平気な顔してベッドに仰向けに寝転がった。

 

先生の手を見ると、工具のようなものを持っている。

ニッパー!? そんなもので引っ張るんかい!!

『じゃあ、抜きますね~。』と言って先生が手を動かした。

 

『えっ!?』

びっくりするほど痛くない。

 

ニッパーのような工具で、引っ張りぬくのかと思ったら、

ホチキスの針が傷口に対して、若干浮いている中央部分をパチンとニッパーで切るのだ。

すると、お腹に刺さっている針の部分がすっと外れる仕組みになっている。

抜糸の場合は、糸を抜くので、すっと引っ張りぬくときに嫌な感じがあるけど

抜鉤は、あまりにもあっけなくパチンパチンと痛みもなく終わっていった。

あれほど、びびっっていたのはなんだったんだぁ~!!

長いこと恐れていたことから抜け出せて、抜鉤が終わったときは心の底から晴れ晴れとした気持ちになった。

 

あっ! そうだ!! あと一つ、やり残していることがある。

退院までになんとしてでもやりかけのパズルを完成させなくっちゃ。

バラバラのままじゃ持って帰れないよ~。

というわけで、この日の午後、看護師さんにほどほどにしてくださいよ~

と注意をされるほど必死になって頑張っちゃいました。

完成しましたよ~(*^^)v

でも、終わったときはクタクタ(笑)

ジグソーパズル 完成

さぁ!明日はいよいよ退院です。

 

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村