入院初日は、いつもより寝つきが少し悪かった。

でも、それは仕方のないこと。

場所が変わったこともあるし、何より昼間に眠ってしまったことも大きく影響したのだろう。

いよいよ、明日が手術。

手術前日も、昨日に引き続きやることがたくさんある。

手術前日の予定

以下、病院から頂いたスケジュール表から手術前日の予定を抜粋してます。
◆点滴・内服
・点滴をします
・10時に下剤を内服します
・午後、内服薬をお預かりします
・夕食後までは通常通りに内服してください。

◆治療・処置
・診察があります
・おへそをきれいにします
・手術のための必需品をお預かりします
・必要時、19時に浣腸をします

◆食事
・禁食です
・21時以降飲食はできません。

◆日常生活(清潔・排泄・安静)
・入浴し、髪を洗ってください。
・整髪料はつけないようにしてください。
・手足の爪が長い場合は切ってください。

◆その他
・医師より手術についての説明があります。
・麻酔科受診があります。
・月曜日手術の方は金曜日に麻酔科受診があります。土曜日夕方までは外出できます。

 

手術前日の食事は、朝はお粥、昼は流動食、そして夜は経口補水液のみでした。

夕食として経口補水液が3本並べられたときは、いよいよ手術が迫ってきたな~って実感。

1本が500ml。 最低でも2本(1000ml)は飲むようにと言われた。

これを摂取することによって、麻酔中の血圧や、脈拍が落ち着きやすくなるそうです。

味は。。。スポーツドリンクのような感じ。

特別まずくも、おいしくもないけど。。。。これが食事代わりっていうのが悲しい。。。

18時に配膳をされ、経口補水液を飲むのは22時まで。

一気に飲むとトイレが近くなるので、ゆっくり飲むこと。

飲みにくければ、冷やすと甘みが出てきますよ~と言われた。

冷やしてみたけど、気休め程度にしか味は変わらない。

経口補水液以外のものは、お腹にたまるので摂取しないようにと厳重注意を受けてます。

お茶も、水もダメ ((+_+))

もし、他のものを摂取すると手術ができないこともあるらしいです。

味が合わず、ど~しても飲めないときは、点滴をするようです。
 

昼間に、ニフレックという腸管の内容物を排除して腸管内をきれいにするためのお薬を

約2リットル飲んでるので、もうお腹いっぱい。

飲み物なんて欲しくないって状況。

でも、なんとか頑張って2本半をクリアできました。
 

麻酔科受診に緊張感が高まる

 
手術前日には、麻酔科の受診もあった。

麻酔科は手術室を通り越して、さらに奥まった場所にあった。

待合室には、TVがあって手術の流れが繰り返し流されていた。

嫌でも緊張感が高まる。

しばらくそのビデオを見た後に名前が呼ばれ、麻酔科の先生とお話をした。

当日の段取りやアレルギーなどについて説明と問診が行われた。

私はキウイフルーツのアレルギーがあって、キウイを食べると咳き込み、息が苦しくなってくる。

珍しいアレルギーだと思っていたけど、意外にも多いらしい。

キウイアレルギーの人は、天然ゴムにも反応することがあるので、手術の際に使う手袋もいつもと違うものにするという。
 

麻酔科では様々な説明と同意書などを記入して、緊張感いっぱいだったのだけど、

ちょっとだけほっこりする場面もありました。

手術の前に手術室に音楽を流すので、その曲を選んでいいですよ!って言ってくれたんです。

病院側で用意してある曲がずら~っとリストアップされていて

その中にはクラッシックや、洋楽、映画音楽、Jポップ、演歌などいろんな種類がありました。

そのリストを眺めて、私が選んだのは嵐♪

これで、心強くなりました。

テンション上げてっていうのは無理かもしれないけど、少しはリラックスできるかな。

 
さあ! いよいよ明日、手術です!

 

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村