抗がん剤(ドキシル)投与翌日の昨日は、ほぼ普段と変わらない体調でした。

あっ!強いて言えば、お通じがなかったってことぐらいですね。

抗がん剤投与後は、どうしても便秘がちになるということで、
過去の抗がん治療の時も便秘は経験済み。

昨晩から、処方してもらった便秘薬を飲み始めました。

今のところ、なんも兆候がありません。。。

お食事中の方、ごめんなさい(>_<)

 
特に、吐き気が強く出ることはないといわれているドキシルですが一応、抗がん剤治療の当日と
その後、朝・夕の食事後に吐き気止めを飲むことになっています。

そして、今回のメインと言われている副作用は口内炎と手足症候群。

口内炎ケアは、とにかくうがい!

口内炎が強く出始めるのはドキシル投与後の10日後ぐらいになっている。

うがいを頻繁にすることによって、口腔内を清潔に保つことで予防を心がけます。

1日に4~5回のぶくぶくうがい励行!

看護師さんが、
『うがいはなかなか習慣にするのが大変なんですよね~』と言っていた。

昨日は、とにかく何かを食べたら、うがいをするってことに決めた。

そしたらまぁ~いろんなものをちょこちょこ食べてんだな~と気づかされた。

そりゃ太るわけですわ。。。(^_^;)

なかなかうがいもめんどくさいので、ちびちびした間食を経って、

ちゃんと、おやつの時間を決めようと思います! ってやめないんか~い(笑)

 
そして、歯磨きで傷をつけないようにすることにも注意が必要。

乱暴にガシガシしてはいけないんですね。

歯ブラシ、普段は固めが好きなのだけど、柔らかいのに変えました。
 

手足症候群を予防する日常生活の留意点!

 
皮膚に圧力がかかった部位に炎症が起きやすくなる。

というわけで、特に、手のひらや足の裏、指先などに症状が出ることが多いそうです。

おもな症状としては、

・しびれ 
・モノに触れたときに不快な感覚がある
・チクチクまたはピリピリするような感覚がある
・皮膚が赤くなったり腫れたりする
・痛みがある
・皮膚の表面が硬くなったり、厚くなったりする
・皮膚がガサガサしてきたりひび割れがある
・水ぶくれが出てきた

これを防ぐために注意することは

衣服

・ゆったりとした服を着ること。
・体を締め付ける下着をつけない。靴下や靴もなるべく圧迫感のないものにする。
・体に密着するアクセサリーもつけない方が良いとのこと。

お風呂・家事

・お風呂は、ぬるめのお湯でなるべく短時間に済ませる。
・保湿剤入りの弱酸性石鹸、またはクリーム状の洗浄剤を使い、柔らかいタオルやスポンジでやさしく洗う。
・入浴や台所作業などで熱いお湯に触れないようにする。
・お風呂(シャワー)や水仕事の後は、柔らかいタオルやガーゼで水分を押さえ拭きする。
・包丁や、ナイフの使用、ぞうきん絞り、ふたやキャップを開けるなどの作業を控える。
・お風呂や手を洗った後には、手足に低刺激性の保湿クリームを塗る。

びっくりしたのが、包丁とかぞうきん絞り。
かぼちゃを切るとかはしない方がいいですって言われました。
ギュッと力を込めることがどうやらダメみたいですね。

お買い物でも、重いものをスーパーのレジ袋に入れて持つとかね。

外出

・直射日光に当たらないようにする
・露出した皮膚に、日焼け止めクリームを塗り、日傘、帽子、手袋を使用する。

今は冬なので、特にこれは問題なしです。

その他

・手足に圧力をかけない
例えば、長時間の歩行、正座、ガーデニング、運動、車の運転など。。。

・下着は、汗をかいたらこまめに取り替えて清潔を心がける。
 

まぁ~とにかく注意することがたくさんありますね (@_@;)

今回は、体が痛くて寝込むということはなさそうだけど、
日常生活における不自由が増すのかな~って思います。

家族の助けも借りて、なんとか頑張ります。

ちなみに下の表は副作用の予測スケジュール表。
全くウキウキしない予定表も珍しい(笑)

そういえば、治療日翌日から2~4日間食欲不振ってあるけど。。。
至ってふつう。食欲モリモリです。。あははっ(^_^;)

 

008

 

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村