今日からお仕事って方が多いのでしょうか!?

あっという間のお正月気分でしたね~。

カレンダーの並びが、酷でしたよね今年は。。。

さて、私も明日から抗がん剤治療が再スタートします。

 

今回は、ドキシルという抗がん剤です。

以前は、パクリタキセルとカルボプラチンでした。

薬を変えるということで、今回は新たな副作用が予測されています。

副作用っていうものは、強く出てしまう人もいるけれどまったくでない人もいるわけで、

一般的にはこういう症状がありますよ!ということで説明を受けます。

 

以前のパクリタキセル&カルボプラチンでは、吐き気があるといわれてたけど

私には全くその症状は出ませんでした。

辛かったのは、体の痛みと手足のしびれ。

それと、やっぱり一番メンタルやられたのは脱毛。

ごそっと抜けた時には、さすがにきつかった。

 

そもそも、どうして副作用が起こるのかというと、

抗がん剤治療は、がん細胞を攻撃して破壊する治療です。

それと同時に、全身の細胞に薬をいきわたらせるため、正常な細胞も傷つけてしまう治療でもあります。

これが副作用となって現れるんですね。

ドキシルの副作用

今回強く出るであろうといわれているのが口内炎

副作用チェックシートというものをあらかじめもらっていて、それには段階を追った症状が書いてあります。

0 症状なし
1 痛みや赤み、腫れなどの症状があり、食事内容を工夫している
2 症状が強く、十分に食事を摂ることができない

口内炎って、一つでもなかなか辛いよね。
ん~なんも食べられなくなったら。。。今度こそ痩せられそうだけど。。。

なんてこと考えてたら、お正月満腹中枢を無視してバカみたいに食べてました(^_^;)

冬眠する前のクマの気持ちが少しわかる気がする(笑)

続いては口内の乾燥

0 症状なし
1 口の中が乾燥しているが食べられる
2 口の中が乾燥して食べにくい
3 口の中の乾燥が強くて食べられない

さらに手足症候群

0 症状なし
1 乾燥やヒリヒリ・チクチク感・痛みのない赤み・腫れがある
2 痛みを伴う赤み・腫れがある
3 皮膚がはがれたり、ひび割れ、ただれ、水膨れ、強い痛みがある

皮膚の乾燥

0 症状なし
1 皮膚の乾燥はあるが、赤みやかゆみはない
2 皮膚の乾燥により、亀裂がある
3 亀裂による痛みが強く、歩行や手先の作業に支障がある

皮膚のかゆみ

0 症状なし
1 部分的に皮膚のかゆみはあるが、我慢できる程度である
2 強いかゆみ、またはほぼ全身的なかゆみがあるが常にではない。
3 常にかゆみが強くて眠れない
 

書き出してみたら、結構ありますね(^_^;)

なんか怖くなってきた。。。

まあ、やってみないとどれが出るのかも出ないのかもわからない。

副作用に怯えるよりも、癌細胞をやっつけるイメージを強く持っていこうと思います。

では、頑張ってきま~す!(^^)!

 

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村