癌という爆弾を抱えてしまっている私だけど、そんな風に見えないとよく言われる。

ひとえにこれは体重が落ちるどころか、増加していることにあるのではないかと思われる。

手術前に入院していた時でさえも、隣のベッドのご婦人に

『あなた本当に病気なの!?』と言われてしまった(^_^;)

 

変な話だけど、がん以外は至って健康なのだと思う。

風邪をひかないようにと始めたR1ヨーグルトのおかげか、風邪もひかなくなった。

それに以前は、しょっちゅう頭痛に悩まされていたのだが、今はほとんど頭痛も感じることがない。

自分の感覚では、癌と宣告される以前よりもずっと体調が良いくらいだ。

泣きたいときは、泣いていいんだよ。と言ってくれる友だちもいるけれど

今のところ、ズドンと深く落ち込むこともなく過ごせている。

 
気持ちが落ち込まないというのは、自分でも実はびっくりしている。

覚悟を決めているというのでもないし、あきらめているわけでもない。

元々が、物事を深く考えない性質で

『まっ いいか! なんとかなる』っていうのが頭の中に常に存在しているように思う。

 
そんな私でも、やはりテンションが下がっていくだろうと予測されることがある。

例えば、それはやったことのない検査であったり

手術を前にして、ものすごく不安だったりっていうとき。

そんなときに、私の気持ちをガラッと変えてくれるのが、気のおけない友人たちとのおしゃべりだ。

何度、彼女たちに救ってもらったかしれない。

毎回、たわいもない話で異常なほど盛り上がる。

割と深刻な話であっても、いつの間にか笑いに代わっている。

大体がランチから始まり、2次会で甘いものを食べ夕方まで過ごす。

その間、ノンストップで話して笑う。

解散して、電車でひとりになったときにもにやにやが止まらない。

怪しい奴だよね。(^_^;)

こんな時は、マスクをして帽子を目深にかぶって寝たふりをすることにしてますが。。。

それも怪しいね(笑)

 
次回は、桜が咲く頃に会おうと約束をした。

『いつだって、呼んでくれりゃ集まるよ』と別れ際に言ってくれた言葉にきゅんとなった。

チャージ完了! 

まだまだ頑張れる(*^^)v

 

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村