先生へのアピールが功を奏して、嵐のコンサートは確保できた。

何が何でも、緊急で!って言われたらあきらめるしかなかったけど
やっぱり楽しい予定はできるだけ遂行したい!!

楽しいことで、スケジュール帳の予定を埋め尽くして
嫌なことや、辛いことはその中のほんの一部と捉えてサクッとクリアしたいんです。

 

映画です! お友達とのランチだよ。
コンサートだぁ~~~(*^^)v と次々予定を入れる私に母は気を揉んでいる。

風邪の流行る寒い季節に人ごみに出て、体調を崩したり
疲れたりしないだろうかと心配でしょうがないのだろう。

でもね。大丈夫だよ。
元気やパワーをもらえるところにしか私は行かないから。

 

大腸カメラの数日後に、30年来の友人たちとのランチ忘年会をセッティングしてもらった。

これで、頑張れる! 乗り切れる!と言い聞かせて、いざ大腸カメラへ!

3度目の体調カメラは予想外の苦しみだった(>_<)

 
今までの大腸カメラも、そりゃもういい記憶なんて全くないけれど、
今回はもうリタイヤしてしまいたいと思うほどでした。

何がしんどいって、やっぱりモビプレップ(下剤)を1.5リットル飲むのはほんとにしんどいです。

経口腸洗浄液
※この写真は初めての大腸カメラの時のもの。
今回は氷なしでした。ぬるいモビプレップはなおさら飲みにくい(^_^;)

味の好き嫌いなんて言ってられないことは百も承知ですよ!

私だって大人なんだから、スマートに飲みたいんだ。

でも、あの味ほんと何とかならないもんかな~。

うすい梅味のスポーツドリンクって感じです。

すっごいまずいかって言うと、我慢できなくもないけど量が量なのですよ。

コップ5杯目。。。1リットル位までは騙し騙し飲めたもののこの先が全く進まない。

一口、口に含んだだけで戻しそうになる。

その間に、トイレにも駆け込みたくなるので、トイレに行ったり、モビプレップに挑んでみたり。。。

そんなことを繰り返していた何度目かの時。

先まで頑張って飲み込んだ、憎っきモビプレップをおもいっきりリバースしてしまいました。

前夜から何も食べてないし、おなかの中もすでに下剤できれいになっているので

場所はトイレだったし、吐きだした物はモビプレップのみ。
なので被害は大したことはなかったのですが。。。
 

もう、無理だ! 飲めません! 飲みたくないよ~(>_<)って私の脳内が拒絶反応起こしてる。

看護師さんも、なんか察してくれたんでしょうね。

少しベッドで横になりましょうか!? とベッドのある部屋まで案内してくれました。

 

ハッと気づいたら、ベッドで横になってから1時間も経っていました。

どうやら爆睡していたらしい(^_^;)

少し看護師さんとお話をして、血圧を測ってもらうと驚くほどに正常値。

 

『顔色もよくなりましたね! じゃあ、残りのモビプレップ飲んじゃいましょうね!』
と笑顔満開の看護師さんは言う。

『はぁ~そうですよね~。。。大腸カメラなしってことにはならないですよね!?』
とやんわりと聞いてみた。

『せっかく昨日のお昼から食事制限して、下剤も飲んでここまで頑張ったんだから
やっちゃいましょう!次、また最初からっていやでしょ!?』

そう言われ、私はあきらめました。

あと少しだ!やるしかないんだ!

そう自分に言い聞かせ、再び奴の待つ部屋へ帰りました。

 

少し、休んだからって、味の変わらない物がすいすい飲めるようになったわけではないけれど

なんとかどうにか、やっとの思いで飲み終えることができました。

これさえ終われば、私にとっては終わったも同然。

カメラ自体はそんなにつらい記憶はない。

あとは先生にお任せするだけ。

ところが、今回はそんな甘くなかったんです。
 

さらなる試練が待ち受けてました。
 

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村