前回の抗がん剤の時、点滴が漏れてしまうという大失態をやらかしてしまったので

今回はおとなしくしてようと心に決めていました。

まぁ~前回も暴れたわけではないけれど。。。

もっともっと注意が必要だと思ったわけで、今回は雑誌も読まず点滴の間はひたすら寝ることにしました。

いつものように血圧と血液検査を終えて、先生の所へ行くと。。。

『腕はどうですか?』と聞かれました。

点滴が漏れて、青黒くなったところはかなり薄くはなっていたけど触るとまだ少し硬い。

不思議とこれが日によって違うんです。

あざも全くないときもあれば、ちょっと黒い感じの時もある。

触ってもなんも感じないときもあれば、ちくちくと痛みを感じるときもある。

時によって、現れたり消えてみたり。

こんな状態が続くとしたらやっぱり怖いな~。。。

先生の話によると、点滴が漏れた時に貰った軟膏をもっと徹底して塗る必要があったみたい。

わりと早い段階で青黒さも痛みも消えたので、薬を塗るのを自己判断でやめてしまっていた。

何事も、勝手な判断はいけませんね。。。。。(/_;)

先生との問診を終えて、点滴の部屋に行くと顔なじみの看護師さんたちに

『大丈夫でしたか~?』と口々に聞かれた (・_・;)

やっぱりかなりの大ごとになっちゃってたみたいで、ますます恐縮。

指定されたベッドに横になると、看護師さんが何かを持ってきた。

抗がん剤の点滴を受けるときの注意事項がずらっと書かれた紙だ。

ありゃりゃ ホント申し訳ない。

再度、患者に徹底指導をするってことになったのでしょうか。

もちろん私は、神妙に聞いておりましたよ。

トイレに行った後も、必ず看護師さんのチェックが入るようにもなりました。

点滴の間は眠るのが一番!

この日の私は、5時間の点滴のうち約4時間爆睡してました。

これには訳があって、もちろん点滴が漏れないようにおとなしくしてようと思ったのもあるんだけど

抗がん剤の点滴をした日は、これも薬のせいなのかすごく興奮していてとても寝つきが悪い。

なので、昼間のうちにたっぷり眠っておいて夜は無理やり眠ろうとしないことにした。

本を読んだりDVDを見てリラックス。

何が何でも眠ろうって頑張ると、焦ってしまってストレスになるし

不安が襲ってきたりするといいことなんもないですからね。

少しずつ、色んなことを学習して私なりのペースができてきた。

なんとか3回目の抗がん剤も終了!

この日の血液検査の腫瘍マーカー

176.3 やったぁ~!! また下がった。

大きく下がったわけではないけれど、数値が下がっているということは

抗がん剤が効いているということ。

がんばれ抗がん剤! 私も頑張る。!!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村