貯金もないし、保険にも入ってない。。。

がんと宣告されて、もう絶望的だぁ ((+_+))

って人にも救いの手があるってことをこの病気になって初めて知りました。

世の中そう捨てたもんでもないですね。

保険証を持ってる人なら誰もが使える高額療養費制度

高額療養費制度とは、1ヶ月の医療費が「決められた額」を超えた場合

「払いすぎた分を後でお戻しします」という制度です。

この制度を使えば、どれだけお金がかかったとしても、実際に自分の負担は「決められた額」まで。

なんてありがたい制度なんだぁ(^^)/

支払いの限度額があるっていうのは心強いですよね。

この制度は、健康保険に入っている人。

つまり保険証を持っている人だったら誰でも利用できる制度です。

私は、姉から早めに手続きをしておいた方が良いよと言われ始めてこの制度があることを知りました。

誰もが利用できる制度ですけど、70歳未満の人はこの制度を使うには自分で手続きをしなければいけません。

知らないと損しちゃいます!

何もしないで待っていても利用できる制度ではないので。。。

社会保険の人は、会社の福利厚生担当の部署などに問い合わせをしてみるか
保険証に書いてある連絡先に問い合わせをしてみてくださいね。

また、国民健康保険の人は、市区町村役場の窓口に問い合わせればOKです。

手続きをしておけば、医療費をたくさん使った月には2~3カ月後くらいにお金が戻ってきます。

高額療養費制度とは「限度額を超えて支払った医療費が後からお金が戻ってくる」というありがた~い制度なんです。

でも、後で戻ってくるということは。。。

とりあえずは診察を受けた後や検査をした後に会計窓口でお金を払わなければいけません!

そうなんです! 結局お金がないとダメじゃんって話です。

金額が大きいと大変ですよね~。

でも、安心してください!! すごい切札があります。

高額の医療費を立て替えなくて済む「限度額適用認定証」

限度額適用認定証というものを持っていると

あらかじめ医療機関に提出すれば、高額療養費制度を前もって適用することができるんです。

なので、窓口で支払う医療費は上限額までを支払えばOK!です。

つまり、後から戻ってくる金額分を、先に引いてもらえるんですね。

限度額適用認定証は医療費が高額になりそうなときに健康保険の窓口で前もって申請をすれば発行してもらえます。

ご本人が入院中などで動けないときは、家族の申込みでも受け付けてもらえます。

病気になると、肉体的なダメージはもちろんの事。精神的にもとっても大変。

ましてやお金のことまで心配しなければいけないのはとってもしんどいです。

少しでも心配事を少なく、たくさんの方が安心して治療に励めますように。。。

   

高額療養費制度の詳細はこちらをご覧ください。

●厚生労働省のページ「高額療養費制度を利用される皆さまへ」
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000075123.pdf
   
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村