私が加入している2つの保険の保障内容だと、入院すると1日1万5千円の給付。

そして、手術をすると45万円の給付。

最初に手術をしてから抗がん剤治療に入るのであれば、この保険で何とかまかなえるかな!?

マイナスにはならなくて済むかな~なんて思ったけれど

私の思惑通りに事は進まなかった。

   
   

すでに腹水がたまっていて播種も広がっていたし腫瘍も大きすぎてすぐに手術をするということは無理だった。

まずは、抗がん剤でがんを叩きましょう!

ってことになって、手術までに抗がん剤を6回受けた。

抗がん剤だけでも20万円を超えた。

様々な検査なども含めると、約6ヶ月で30万円以上の出費だった。

主婦が病気になると、食事面でもいつもよりお金が出ていくようになる。

我が家の場合は、私が食事を作ることが出来ずお弁当やお惣菜を買ってきてもらうことが多くなった。

小さなことのようだけど、これがなかなかバカにできない。

貯蓄がたくさんある人は問題ないけれど

えっ!! お金の工面どうしようっていう人はやはり保険をしっかり見直しておくべきだと思う。

私も、自分の保険についてはどうしようもなかったけれど、旦那さんの分だけでもと見直しをしました。

追加したい保障内容は、通院治療費とがんと診断された時に一時金が出るタイプの保険。

数社からパンフレットを取り寄せて、じっくり眺めた。

パンフレットを取り寄せると、ちょっとしつこい保険屋さんもいてめんどくさいこともあった。

でもここはじっくり吟味しなければと、いつもは何事もあっさり決めてしまうことが多いのだけれど

私にしては粘って粘って、よ~く考えた方だと思う。

パンフレットを見ていると、不安がどんどん募ってあれもこれもつけたいって思ってしまった。

お給料を保障してくれる保険もある。

一家の大黒柱が、がんになって仕事が出来なくなったらどうなるの。。。。

想像するだけでも震えた。

病気をする前の私なら、パートをいくつ掛け持ちしたってなんとかする!って思っていたけど

いまは、無理だもん。。。

保障を厚くすれば厚くするだけ、毎月の保険料は高くなるわけです。

そして、さんざん考えて決めたのは、がんと診断された時に150万円の一時金が出る保険。

これなら、ひとまず安心して治療に励めるかなと思って決めた保障金額。

今は、がんと診断されてすぐに死ぬということはない。

治せる病気になっている。

ならば希望を持って治療に当たれるようにしておかなければですよね。

  

   
旦那さんの保険を手厚くして、ホッとした頃。

旦那さんの会社から書類が届いた。

なんと!? 今まで入っていた保険に新たに特約が付けられるようになりましたいうお知らせ。

がんと診断された時の一時金が200万円出るというもの。

しかも、毎月の保険料もぐっとお安い。

さすが、団体共済。

はぁ~あんなに頑張ったのに。。。(>_<)     教訓!! 当たり前といえば当たり前なんだけど。。。 まずは、加入している保険の特約をチェックです。 慌てず、騒がず。 でも元気なうちにが鉄則です!! にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村