がんだとわかって頭を巡ったことは色々ある。

仕事はどうしよう? 家事はどうなる?

ちゃんと治すことができるのか? どんな闘病生活が待ってるの?

あとどれくらい生きられるの?

心配事は次から次へと浮かんでくる。

   

その中でも一番不安で、どんよりと押し寄せてくる怖さは実はお金のことだった。

貯金は子供たちの学費などに充てて、ほとんど底をついていた。

老後やリフォームの資金はこれから貯めていけばいい。

そんなふうにのんびり構えていた。

でも、それも健康であればの事。。。。

ちゃんと貯金しておけば良かったなんて悔やんでも後の祭り。

体調が悪いのにお金の心配をしなければいけないのはホント悲しいし、きついことです(>_<)

自分が入ってる保険、保障内容わかってますか?

私の場合、保険に加入する時は真剣に考えているつもりだったけど

今になってみればあまりにも遠い未来のことだと思っていたし

出来ることなら、使わない保険であってほしい

お守り代わりのようなものとして保険を捉えていた。

というわけで、卵巣がんの疑いと先生に言われて慌てて保障内容を確認した。

私が加入していた保険は、アフラックの医療保険と旦那さんの会社の共済。

アフラックの保障内容を見てみると

疾病入院給付金つまり病気で入院した時にでるお金が、1日目から5千円。

手術給付金。。。病気・ケガで所定の手術をした時に出るお金が1回につき、

手術の種類により5万円・10万円・20万円がでるらしい。

そして、もう一つの旦那さんの会社の団体共済は

がんで入院の時は、1日当たり1万円給付。

がん以外の入院は、1日当たり5千円給付となっている。

そして、手術給付金はがんならば手術1回につき種類により10万円・15万円・20万円。

がん以外の手術だとしたら、種類により5万円・10万円・20万円となっている。

欲深いもので、どうせ手術するんだったらがんの方がお金いっぱいもらえるのかぁ~。

なんて不謹慎なことを考えてしまう。

私の加入していた保険は、結局のところ通院ではお金が全くおりないことがわかった。

様々な検査をしてきたが、会計では安くても5千円~1万円は当たり前で

抗がん剤の時には、一回で3万6千円ぐらいの支払いになる。

今は、がんと分かった時点でまとまったお金が給付される保険も出ているし

通院でも給付される保険が出ているので、随分前に入った保険がある人は見直しをした方が良いです。

病気が分かってから保険に入ることはできませんからね。

私は、自分のおかれている状況を知ってふ~っと溜息をついた。

そして、とりあえず出来ることをしなくちゃと思って旦那さんの保険をそそくさと変更しました。

もし、万が一今の状況で旦那さんにもがんが見つかったりしたら一家総倒れですからね(・_・;)

他人事と思っていたがん保険のCMを今は頷きながら見ています。

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村