抗がん剤の点滴を受けて、約1週間経ったころに体の痛みはほとんど抜けてかなり楽になる。

しびれは、個人差がかなり大きいと言われているので、何とも言えないが。。。

私の場合は手にチリチリとした痛みが残り、ペンを長く持っていることやパソコンのキーボードを叩くことは

かなりしんどいことだった。

又、ボタンを外したりとめること、ペットボトルの開け閉めなどは人の手を借りないと出来ない。

毎日が同じ状態というわけではないけれど、

抗がん剤を投与してから、しびれを全く感じないという日はない。

痛みから解放されると、やりたいと思っていたことが一気に爆発する。

すぐ疲れてしまうから長時間は無理だけど気分転換に娘と買い物に出かけたり、映画を見に行ったりもした。

ただ、抗癌剤治療日から10~15日は感染に対する抵抗力が下がる時期なので、

感染や怪我は要注意! 清潔にも心がける必要がある。

もし、38度以上の熱が出た場合は即、病院に電話するようにと通達されている。

骨髄抑制によって抵抗力が弱まるこの時期、本人に自覚症状は全くない。

いつも以上に疲れやすいとかいうこともないので、うっかりすると気をつけなきゃいけないということさえも忘れてしまう。

『外出するときは、マスクをつけてくださいね。』

って先生に言われてたけど私はちょいちょい忘れてました(^_^;)

いや~今思い返せば大事に至らなくて良かったです。

Xデーはいつ!? 髪の毛が抜けるのはやっぱりイヤ!!

約2週間から3週間で抜け始めると言われている髪の毛。

副作用は人によって様々な現れ方があるけれど、脱毛に関しては必ずあると思ってもらって間違いないとのこと。

覚悟はしているけれど、出来ることなら自分だけは特例であって欲しいなんて図々しいことを思ったりもする。

時々、髪の毛を引っ張ってみたり指をすっと通してみたりすることが多くなった。

抗がん剤の10日後くらいからだったろうか、いつのまにかそんな確認作業が癖になっていた。

抗がん剤から、ちょうど3週間。

朝、起きてみると枕に数本の髪の毛がついている。

あっ!! ついに来たんだ。。。

いつものように髪の毛に指を通すとなんの抵抗もなく、すっと髪の毛が指にからみつく。

ショックだった。

わかってたはずなのに、涙が流れてくる。

抜け落ちた枕の髪の毛を拾いながら、こんなにも落ち込むものかと自分の感情に驚いた。

どんよりと暗い方へ気持ちが引きづられていくのを止めることができなかった。

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村