抗がん剤治療をしてから3~4日経った頃。

無性に食べたくなったのがしょっぱいものだった。

頭に浮かんだのはスナック菓子。

思い浮かべたらもう食べたくて食べたくてしょうがない。

枕元に置いてあるスマホを手に取り、

『早く帰ってくる人ポテトチップス買ってきて~!!』家族にメールを送る。

   

私にパシリにされる家族たち。

申し訳ないとは思っているのだけれど、この頃は外出などできる状態ではなかったので、

買い物は全て、家族に頼んでいた。

私のもとにポテトチップスが到着したのは夜になってから。

待ちに待ったポテトチップス。

これがもう、食べ始めたら止まらない。

ちょっとどうかしちゃったんじゃないかって勢いで、ひと袋を1人であっという間に平らげてしまった。

あとひと袋あったとしても、きっと全部一人で食べてたんじゃないかな。

もう、それはそれは何かに取り憑かれたようでした。

そのあとののどが渇くことったらもう。。。(・・;)
   

止められない食欲のあとに出た症状は!?。。。

翌朝、起きてみると口の中が何かおかしい。

ほっぺの裏あたりがなんかザラザラした感じがする。

なんだろうこの違和感。

と思ってしばらくすると、口の中のあちこちに口内炎が現れた!!

そういえば、副作用に口内炎が出るとも書いてあった。

しょっぱいものを急激に食べたから、口内炎ができたのかと思ったけど

どうやら口内炎は想定内らしい。

じゃあ、急にしょっぱいものが食べたくなって止められなかったのも副作用!?

本来なら、食欲不振で吐き気が出るはずなんだけどなぁ。

1週間たっても10日経っても、私には食欲不振と吐き気の症状は出なかった。

ど~うしても気になったので、次の診察の時に

『急にしょっぱいものが食べたくなって、ポテトチップスを一気に食べっちゃったんですけど、これも副作用ですか?こんな人います?』

って先生に聞いてみました。

すると先生は笑いながら

『ごく稀にいますよ。そういう方が。 でも食欲なくなるよりよっぽどいいじゃないですか(笑)』

ですって。

その後、私は抗がん剤治療を8回受けたけど幸運なことに一度も吐き気と食欲不振という症状はでなかった。

そのかわり食欲を止められない症状は回を増すごとに強くなっていった。

しょっぱい、甘いの味覚などはもう関係なくって寝込んでいる1週間のうち満腹中枢が壊れたのか!?っていう日が2~3日くらい必ずあった。

体が痛くて、ほとんど動けないのに食欲はある(・・;)

これじゃぁ太らないわけがなく、寝ている間に2キロぐらい増えてました。

これは動けるときはダイエットしなくちゃやばいぞ!!と痛い体をさすりながら焦るのでありました。

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村