初めての抗がん剤をなんとか無事に終えることができた。

5時間半という時間は、長かったけど予測していたような事態。。。

例えば、いきなりアレルギー反応が出て蕁麻疹がぶわーって出るとか呼吸困難になるとか。。。

考え始めると怖いことばっかり思い描いたりもしてたんだけどそんなことは全く起こらずに済んだ。

   

ほかの患者さんたちも点滴の間は眠っていたり、読書をしたりとくつろいでいる人たちが多かった。

みんな同じようにがんと戦っているんだな~って思うと不思議と気持ちが楽になった。

無理して、頑張る姿を見せなくてもいいっていう安心感なのかもしれない。

化学療法室は、穏やかなのんびりした時間が流れているように感じた。
  

立ち並ぶ薬局。。。どうやって選べばいいの!?

いつもどおり会計を済ませたあと、病院から薬局に行った。

病院の周りには、これでもかってくらい薬局が立ち並んでいる。

あと、多いのが医療用のカツラを扱っているお店。

これはがんセンターならではなのでしょうね。

まだこの時は、髪が抜けるってことを他人事のように感じていた気がする。

さて、たくさんある薬局の中からどこを選べばいいのだろう!?

選ぶ基準がよくわからない。薬の値段ってどこも一緒なのでしょうか?

この時は、姉の運転だったのでとにかく近くて車が駐車しやすそうなところ。

そんな基準で、空いてる薬局を選んだ。

こじんまりとした薬局の中へ入ると、待っている人は誰もいなかった。

60代くらいと思われる女性の薬剤師さんが私の顔を見て、『初めてですね』と言った。

処方箋を受け取り、薬の準備をしに奥の方へと消えていった。

なんだか魔女っぽい薬剤師さんだった。

童話の世界にでもいそうな感じ。

もしかして奥の方に大鍋でもあってグツグツと煮立った薬を長~い棒で混ぜてるんじゃないか!?

そんな想像をして、クスッと笑ってしまった。

少し待つと、

魔女っぽいなんて思われてるとも知らない薬剤師さんが、どっさりと薬を抱えて戻ってきた。

処方された5種類の薬

1.デカドロン  アレルギー・炎症を抑える薬  1日2回朝・夕食後3日分

2.ナゼア    吐き気を抑える薬   一日1回夕食前一日分

3.ナウゼリン  胃腸の働きを整える・胸ヤケや嘔気を止める薬   1日3回毎食前7日分

4.マグラックス 胃酸を抑える・便通を良くする薬   1日3回毎食後5日分

5.ワイベックス 不安や緊張を和らげる薬   嘔気時 15回分

こんなに飲むのか~!!  Σ(゚д゚lll)

薬の説明を聞いていると、これから襲って来るであろう副作用に不安が募る。

顔が曇る私に、魔女が優しく囁いた。

『大丈夫よ!きっと治るわ』

根拠などどこにもないのだろうけど。。。

それでも嬉しかった。

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村