腹水を抜いてもらったら、今までの苦しみがまるで嘘のようだ。

体も気持ちも軽くなって、もう治ったような気にさえなる。

食欲が普通にあるというのがこんなに嬉しいことだとは考えたこともなかった。

食事が楽しくてしょうがない(*゚▽゚*)♪゜・*:.。. .。.:*・♪あ~幸せだぁ~。

でも喜んでいたのもつかの間だった。

  

腹水を抜いて3日目あたりから又、お腹が膨れてきた。

病気が治ったわけではないのだから、当然のことだよね。

それにしても早い!
  

陽性!? 陰性!? 腹水細胞診の結果

  
腹水細胞診の結果が出ましたと先生からお電話をいただきました。

結果は、陽性。

つまり、ガン確定ってことだ。

この段階ではショックはもうなかった。

ハイハイ、やっぱりそうでしたか。

そんな感じ。

早く分かって実際の治療が始まって欲しいという気持ちの方が強かったから。

陰性だとしても開腹手術をして原因を突き止める必要があったわけだから

それだったら、少しでも進展してくれた方が良いと思った。

先生の見解!これからの治療

卵巣ガンとわかったからといって、すぐに手術をするのは今の状態では難しいだろう。

しこりも大きなものが2つあるし、播種もある。

※播種(はしゅ)とは・・・ウイルスや癌細胞などが生体内で最初に感染または発生した場所から 離脱し、
体液の流れに乗って体全体に広がったり他の臓器に転移したりすること。

まずは、抗がん剤治療を先に3回~6回ほどやって効果を見て手術をしましょう。

パクリタキセルとカルボプラチンという薬を使ってまずはがんを叩いてみる。

70%~80%の患者さんに効果が出てるから、多分大丈夫!と先生は言う。

効き目のない20%の方に入ってしまったらどうするんだろう。。。

いやいや、そんな心配はやめておこう。

まだ起きぬことを心配をしたって仕方がない。

治ると信じて、治療に専念しよう。

戦う相手が決まって、私の戦闘意欲がムクムクと芽生えてきた。

よっしゃっ 頑張るぞっ!! (`・∀・´)

1回目の抗がん剤は8月12日。

その前に、抗がん剤についての説明があるらしい。

そうか。。。副作用か。。。

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村