MRI検査を終えて、1週間後はCT造影検査。

もう、この頃はお腹が日々大きくなっていて座っていても苦しかった。

普通に自分の力では体を支えているのがきつくて座椅子を使って座るのがやっと。

   

座椅子を使っても長時間同じ姿勢でいるのは辛くなっていた。

座っているのが苦しいから、ほとんどの時間を寝て過ごす。

仰向けに寝ると、お腹の重みがずっしりと体にのしかかる。

なので、横向きになって足を軽く曲げて寝ていた。

食事の準備も、やたら時間がかかるようになっていて

材料を切ったら休憩。

炒めたら休憩。

今まで30~40分で作っていた夕飯が2時間くらいかかるようになってしまった。

洗濯をしても、これまた2階のベランダまで干しに行くのが一苦労。

階段を一気に登れずに途中で休憩。

ぜぇ~ぜぇ~息を切らして、なんとか上がっていた。

見た目はすっかり臨月の妊婦さんのようだ。

それにしても、育つのが早すぎるよ~ (;´д`)

手術って大変!? 次から次へと検査がてんこ盛り

血栓の検査をしますということで、今日は造影剤を入れて足から肺までのCT検査。

以前にもCT検査は、受けたことがあるので大した緊張も心配もせずに受付へ向かった。

受付のお姉さんが私を見るなり、なんとも不思議なものを見るような目で明らかに動揺している。

その様子に私も動揺する。

なんなの~!!とオドオドする私。

すると受付のお姉さんが、私の耳元でこそっと

『妊娠している方はCT検査はできないんですけど。。。』と申し訳なさそうに言う。

まぁ~そりゃどう見ても妊婦さんなんです。

だけどもだけど、 妊娠してたらCTができないことは知ってるよ!

妊娠してないのに、こんな体になっちゃったからここに来たんじゃないか~!!

怒りと悲しみがまぜこぜになったけど、感情を押し殺し

妊娠はしてません!!と作り笑顔でお伝えしました。

その後は、受付のお姉さんに同情されながらも滞りなくCT検査を済ますことができました。

四肢造影CT検査のあとは、術前の全身状態の把握のための検査を行います。

項目は、採血、採尿、胸部レントゲン、心電図、呼吸機能検査。

検査をして精密検査が必要な場合、追加検査を行います。

特に難しかったり、痛かったり、怖い検査はないけれど。。。

呼吸機能検査でとっても元気の良い体育会系なお兄さんドクターに

『さあ~! 頑張ってもう一回やってみましょう!』と爽やかに励まされ

3回ほど、ふ~~~~~~~っと息を吐ききる検査をやりました。

肺活量があまりない私。 クリアできないかと思ってヒヤヒヤしました(^_^;)

5項目の検査は、とってもスムーズに待ち時間もなく流れるように終わってくれたので良かった。

このあとは先生のところで、今後の治療についての説明です。

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村