先生との診察が終わると、大腸カメラとMRIの説明が看護師さんからあった。

時間がかかるとのことで、主人と娘は病院内にある有名コーヒー屋さんに連れ立って消えてしまった。

娘に誘われたパパさんは満更でもない様子だ。(笑)

ガッツリおごらされるぞ~!! 気をつけてぇ~~ヽ(;▽;)ノ

   

大腸カメラとは

   
大腸カメラ(大腸内視鏡検査)は肛門からファイバースコープ(カメラ)を挿入して腸内を観察して病変を調べる検査です。

私の場合は、大きくなっているしこりが大腸に癒着していないか。

もしくは、しこりが大腸を突き破ってしまっていないかを調べるようです。

大腸カメラできちんと観察をするためには、事前に腸の中をきれいにしておく必要があります。

正確な検査をするために前日から下剤を飲むんですね~。

大腸カメラ前日にすること!

さあ!前日の昼食から戦闘モード突入です。s(・`ヘ´・;)ゞ

★昼食は消化の良いものを食べる
例として、お粥、鶏肉、白身魚、豆腐、ジュース(粒なし)など。
食べてはいけないものは、脂肪類・野菜・卵・牛乳・乳製品・海藻類は消化が悪いので、避けます。

看護師さんが事前説明の時に
『病院に検査食っていうのも売ってますよ!でもね高いからオススメしないけど』
って小声で教えてくれました。

ということで、私は手作りのお粥と冷奴を食べました。

手作りって、自慢するほどの料理じゃないけどね(笑)

これをテーブルに並べてびっくり!! 
こんな真っ白いご飯の組み合わせ食べたことない。

まぁ、元々食欲もなかったのですぐにお腹いっぱいになって食事終了。

★昼食後は水分を多く取る
午後9時までに何回かに分けて、コップ5杯以上の水分を飲みます。
水以外にお茶や烏龍茶、スポーツドリンク、ジュースなどでも構いません。
お腹がすいたり、喉が渇いた時には時間に関係なく水分を取ります。

飲み物は、食べ物に比べて許容範囲が広いんだな~なんて思いながら、いろんな種類の
飲み物を飲みました。

★午後7時に下剤を飲む
マグコロールという薬を500cc以上の水に溶かして飲みます。
どんな味だったか忘れてしまったけど、たいして記憶にないということはそれほど大変では
なかった。。。。はずです。(^_^;)

★夕食は8時までに食べ終えましょう
夕食は、固形物が入ってないものを食べます。
どんなものかというと、葛湯・スープ類・ゼリー・ジュースなど。

私は、フルーツも何も入っていない3つ繋がったスーパーで一番安いと思われるゼリーを食べました。

3つ食べてやるぜ!!って意気込んでみたけど、子供だましのような素っ気ない味のゼリーを3つも
食べるのは、なかなか厳しい。

頑張ってはみたけれど2つでギブアップ。

とっても切ない夕食を終えたあとは、

★午後9時に下剤を飲む
ラキソベロンという薬1本を水に薄めて飲みました。

大腸カメラ前日の任務は以上で終了。

夜中にお腹が空いて大変だったという体験談なども見聞きしますが、

私の場合は元々、食欲が落ちていたので飲み物をたくさん飲むことのほうが大変でした。

明日の大腸カメラに備えて早めに布団に入ることにしました。

しかし。。。

このあと夜中にかけて数回トイレに駆け込むという最大の任務が待っていたのでありました。

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村