がんセンターの予約が一週間後ということで少し時間があることにホッとしていた。

がんセンターに行ったら受診後、すぐに検査入院しましょう!なんてこともあるんじゃないかと勝手に思っていた。

   

私は、運良くここまで大病にかかったこともないし、事故にもあったことがない。

入院経験は息子と、娘のお産の2回のみ。

がんセンターへ行った後、どのようなことになるのか全くわからない。
私が突然入院することになったとしてもとりあえずは大丈夫なようにしておこう。

そう考えると普段、家事の手抜きをしていることが悔やまれる。

やっておかなきゃいけないことがたくさんあるのだ。(;・∀・)
   

家を空けるときにやることは盛りだくさん主婦は大変だぁ!

   
あれも、これもと思うからやたら忙しい。

主婦が家を空けるというのは、なかなか大変なもので。。。

いや、日頃きっちりと家事をこなしている人にとってはそんなこともないのだろうけど。。。

部屋の片付けから始まり、どこに何があるのか家族みんながわかるようにメモを残したり

考え始めると、次から次へとやっておきたいことは出てくるもんです。

家事の他にも、やること、考えることはあって。。。

週に一度、自宅でやっていた書道教室。

続けていきたい気持ちはある。

でも、今後どうなるかもわからない。

あ~でもない、こ~でもないと考えた挙句、体調不良と告げて、
とりあえず少し早い夏休みということで8月いっぱいお休みを頂くことにした。

それと、私自身の勉強で通っていた週1の書道のお稽古。

しばらくお休みしなければいけないだろう。

20年お世話になっている先生には、きちんと会って自分の口から話しておきたい。

最後のお稽古後に、しばらく治療に専念するので、お稽古はお休みしますということを告げた。

あなたのような若い人が。。。って言って先生は驚いてらしたけど

『強い気持ちで、がんばって! 必ず戻ってきてね。待ってるから』と抱きしめてくれた。

一緒にお稽古をしている生徒さんは、私よりずっと年上の70代の方。

『代わってあげたい。』なんて言うもんだから思わず泣いてしまった。

がんセンターへ行くまでの一週間は、怒涛のように過ぎていった。

ビックリするくらい体も動いて、とにかく忙しかったものだから
悲しんだり落ち込む暇もないほどに充実した一週間だった。

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村