母に早く病院へ行ってこい! と叱られて、渋々病院に行くことにしました。

ネットで検索しても、それらしい病名にヒットしないので一体何科に行ったらいいんだろう?と悩みました。

といっても。。。

田舎ゆえにそれほど病院があるわけでもないので、一番近くの一番大きな病院に行くことにしました。

   

まぁ~ここだったら入院しても近いから便利かな。

それなりの検査もできる病院だしね。 という安易な発想です。

後から知りましたが、ここの病院には婦人科はありませんでした(・・;)

それくらい婦人科の病気はノーマークだったんです。

混まないうちになるべく早く行こう!と病院の診療時間に合わせて出かけていったのだけれどすでにびっくりするほどたくさんの方が待合室に溢れてました。

受付で症状を話したら外科へ回されました。
えっ外科なの!? と思ったのだけれど。。。

そうおっしゃるのならばということで外科の待合室へGO!

隅っこに空いてる席を見つけたので、呼ばれるまでの1時間くらい雑誌を読みながら過ごしました。

ようやく呼ばれて診察室に入ってみると、くまさんみたいなもっさりした男の先生がいました。

あっ!いい意味でね。(笑)

私のくまさんのイメージは穏やかな安心感のある落ち着いた先生ってことです。

えっ!まさかの便秘!?

先生に『お腹が張って、あまりご飯が食べれないんです。』と告げると

『便秘じゃな~い?』と軽く微笑みながら問われます。

『それはないですね~』と私。

ちょっと見てみようかと触診。

お腹をあちこち押さえるのだけれど、『何も当たるものはないな~。』

『もっとちゃんと調べるとなると、CTだけどどうする?』と先生。

言葉にはしないけど、先生は、大した病気じゃないと思うよ~という気配。

でも、 せっかく重い腰を上げてきたわけだし。このまま帰ったら母にまた怒られそうだし(^_^;)

ということで、『CTやってください。』とお願いしました。

ここまでは、今思うとゆったりとした時間が流れていました。

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村